【3話感想とネタバレ】姉はヤンママ授乳中in実家【ついに・・?禁断の姉弟セックス!】

読んでくれてありがとう~

 

 

 

 

 

▼ 早速読む人はクリック! ▼

ハンディコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用

姉はヤンママ授乳中in実家のネタバレ記事になります。

ネタバレせずとにかく本編読みたい!!って人は上の画像をクリックしてくださいね。※公式サイトへとびます。

 

 

 

 

さて、2話の後半でついに我慢の限界がきてしまい、

 

姉のアイカをソファへ押し倒したタクヤ・・・・!!!

 

 

 

ついに・・・禁断の姉弟セックスをしてしまうのか・・・????

 

 

 

 

 

あ、姉貴ぃ・・!!

 

 

 

ちょっと、まって・・・あっ・・!!

 

 

 

 

 

アイカがろくに抵抗もできていないまま、

 

 

 

タクヤは勃起し過ぎたチンポを

 

アイカのおマンコに、姉マンコに

 

一気に挿入します!!!

 

 

 

ズブブブブブポポッ・・・・

 

 

 

 

 

「ダメ、、、ああ、、、あぁぁぁ、、、、」

 

 

 

 

 

「一番奥まで届いちゃってる、、、動かされたらヤバイかも・・・」

 

 

 

 

 

アイカはいけないことだと思いながらも、

 

感じてしまっている自分に気づいてしまいます。

 

 

 

 

 

隣の部屋ではアイカの子供が寝ているのに・・・!!

 

 

 

 

 

お願い早く抜いてっ・・ああっ・・・

 

 

 

 

しかし、タクヤは止まりません。

 

正確には止められません。

 

アイカのおまんこが良すぎて、もうおかしくなりそうなのです・・

 

 

 

 

 

 

こいつ・・・こんなに腰振って・・・

 

だかr、奥に・・当たって・・るっ・・・

 

 

 

 

しかもこのチンポ・・・なんでっ・・・

 

私の弱い所ばっか当たるんだよぉっ・・・

 

 

 

 

 

パンッ、パンッ・・・・パンッ・・

 

 

アイカは限界です。

 

 

 

タク・・レイプだぞこれっ・・!!!

 

 

 

 

 

タクヤにはもう声は届きません。

 

しかも

 

 

 

これが2人を産んだ身体か・・・すごいっ・・・

 

こんなカラダで毎日誘惑しやがってっ・・!!

 

 

 

 

アイカのカラダに興奮しっぱなしです・・・

 

 

 

 

アイカが胸チラしたり、授乳している姿をずっと見てきたので、

 

興奮度も上がりまくっています・・・

 

 

 

 

そして、アイカもタクヤも初めての近親相姦に絶頂を迎えてしまいます。

 

 

 

 

 

ああっ・・ビクビクッ・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハァっ・・ハァっ・・・

 

 

 

 

き、気持ち良すぎた・・・

 

 

 

 

あ、姉貴っ・・・

 

 

 

 

 

 

 

タクヤはやっと正気に戻ります。

 

 

 

 

実の姉レイプするなんて・・・

 

 

 

近親相姦なんて・・・AVの中だけだと思ってたのに・・・

 

 

 

 

 

アイカもかなり感じてしまい、怒る気にもなれません・・・

 

 

 

 

まずは息子が起きなくてよかった。

 

 

でも、これが続くとヤバイかも・・・??!!!

 

 

 

 

 

 

【漫画のつづきをよむ】

この続きを読むなら、ハンディコミックがおすすめです。

ここだと1話ごとに買えるので、「今回のお話だけ購入!」みたいなことが出来ちゃうんですよね~

なので他の記事も読んでもらって、是非抜きたい!買いたい!と思った話だけ買っちゃえばOKかと。

 

▼ こちらからどうぞ ▼

ハンディコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用

 

 

 

 

一回買うと何度でも読み返すことができますよ~しかもアプリ不要

実際に僕も使ってますが、利用しやすさではハンディコミックがダントツですね。正直。

ポイント還元もありますし、電子エロコミック読むならこの王道は外せないでしょう。

 

 

▼ 画像をクリック! ▼

※クリックで無料試し読みができます。個人情報登録不要です。

ハンディコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です